屋根工事が進んでいます。

2018 年 05月 01日

 本堂の屋根工事が進んでいます。

 二重の化粧垂木がきれいに並んでいます。

 工事現場を見た人が、一様に「大きい本堂になりましたね。」とおっしゃいますが、本堂の間取り自体は以前の本堂とあまり変わっていないので、大きく見えるのは、二重の化粧垂木の施した立派な屋根のせいだと思います。

 また、以前は、道路から下がったところに本堂が建っていましたが、基礎を道路の高さに合わせるために高くしたので、より大きく感じるのかもしれません。

 本堂妻の破風板も立派です。

 これだけ見ると、鉄骨造りの本堂には見えません。

 軒先の曲線といい、破風板の曲線といい、宮大工さんの技が感じられます。

 これからはじまる瓦工事も楽しみです。