伽藍上棟式が盛大に行われました。

2018 年 03月 13日

 晴天に恵まれた3月13日、平林寺江楓室老大師ご導師のもと、伽藍上棟式が行われました。

 近在の臨済宗寺院の和尚さん10名にご出頭いただいての読経で、上棟のおまいり。普段は木魚での読経ですが、上棟のおまいりなので祈祷太鼓による読経でした。

 その後、松浦建設の工匠さんによる「棟上げの儀」を古式に則って、厳粛に行っていただきました。参列していた幼稚園の子どもたちの唱和する掛け声が、めでたさになごやかさも加わり、感動とともにほほえみもあふれた棟上げの儀となりました。

 いよいよの「もちまき」。何日も前から、空からおもちやお菓子が降ってくるんだよと聞かされていた幼稚園の子どもたちは気合十分!子どもたちの周りを見てみると、大人たちも両手を掲げて気合十分でした。

 3回に分けて行われたもちまきも無事終了して、上棟式はお開きとなりました。